営業支援サービスを利用して営業効率を高める手法を学びました

営業支援サービスを導入した成果

拡大を望むことが非常に難しい : 裏付けを明確にすることが必要 : 営業支援サービスを導入した成果

これまで当社の製品ありきで様々な活動を行っていたのですが、新規顧客の場合にはその方針でも通用せず、世の中の標準的な技術や世の中の変化に合わせた形での包括的な提案が非常に重要なポイントとなっていることに気づきました。
特に現代ではすべてのものが様々な規制のもとで動いている傾向があるため、その標準化された規制に対する1度が高くなければ顧客に受け入れられることがありません。
逆に様々なルールに則ってこれを効率化するための要素が含まれているものであれば、顧客は興味を示すものとなっています。
一般的に営業支援サービスは様々な業種で利用できる標準的な要素を含んでいるものが多いのですが、これが非常に重要なポイントであることに気づきました。
営業支援サービスを利用することで社内の様々な動きにも変化が見られています。
その1つが業務の効率化に対する意識の向上です。
私の部署でもこれまでは顧客に対するアクセスの回数が非常に重要なポイントと考えられていたのですが、それよりも効率を重視し適切な提案を短時間で行うことが非常に重要な要素であると考えられるようになりました。
その提案内容は標準的なテンプレートのもとに作られるようになり、多くの顧客に対して内容を分類しそれぞれに割り当てることで作成の効率も非常に高まることがわかっています。
これによりこれまで個々の顧客に対して個別に時間をかけて様々な業務を行っていたのですが、標準化するようになり効率を高めることができたのが営業支援サービスを導入した成果です。

人材開発コンサルティング仲間と会社建てた。
法人向けの営業支援とか設計、開発技術支援サービスやね!有料職業紹介事業もやってる会社。

俺はGoogleインドアビューとエネルギー系の法人向け営業支援やってる!

— なんだ。
凌生かよ。
(@kurosaki612) March 7, 2019